ミュゼプラチナム

脱毛テープを使う時は肌荒れに気をつけよう!

MENU

脱毛テープを使う時は肌荒れに気をつけよう!

 

ムダ毛を簡単に抜き取ることができる「脱毛テープ」。

 

ですが、気をつけて使わないと、肌荒れを起こしてしまいます。

 

こちらの記事では、肌荒れを起こさないために、正しい脱毛テープの使い方について、お話していくことにしましょう。

 

 

脱毛テープを使う前に、まずは蒸しタオルでお肌を温めて、毛穴を開かせましょう。

 

毛穴が開いていない状態で使ってしまうと、毛がうまく抜けません。

 

それだけでなく、毛穴にかかる負担が大きくなり肌荒れを引き起こしやすくなるので、必ず毛穴を開かせましょう。

 

また、事前にパッチテストをして、お肌に合うかどうかをチェックしておくことも大切です。

 

 

毛穴を開かせたら、脱毛テープをお肌に貼ります。

 

もし、お肌に水気がある場合は、タオルで水気を拭き取ってから脱毛テープを貼りましょう。

 

 

あとは、脱毛テープを一気に剥がすだけです。

 

脱毛が終わったら、冷たいタオルで毛穴を引き締め、保湿を十分にしましょう。

 

 

きれいに毛を抜き取るコツとなるのは、脱毛テープの剥がし方です。

 

躊躇することなく、一気に剥がしましょう。

 

毛の流れに沿うのか逆らうのかというのは、脱毛テープの種類によって違うのできちんと確認してから使いましょう。

 

 

しかし、正しく使っていても、肌荒れになってしまうことがあります。

 

肌荒れが起こってしまったところは、脱毛は一旦辞めて肌荒れが落ち着くのを待ちましょう。

 

そして、保湿をしっかりとするのがポイントです。

 

それでも肌荒れが改善されないときは、皮膚科を受診して薬を処方してもらうのがいいでしょう。

 

 

脱毛テープは、無理に使ったりアフターケアを怠ったりすると、肌荒れを引き起こします。

 

脱毛テープの使い方に慣れないうちは、小さいものを使って練習するのもいいかもしれません。

 

正しい使い方で、お肌への負担が少ない脱毛を目指しましょう。

 

このページの先頭へ